? byway, sideway
About
CISSPʾ󥷥ƥॻƥץեåʥǧˤĤ⺣˿òҤǴäƤޤ
LINKS
Hot Words

BOOKLOG

Recent Comments
Recent Trackbacks

Advertisements

Oct 05, 2008


[House] 家作りの選択肢って 12:57

家作りを通して自分なりのスタイルを追求したいという場合、どうしても選択肢が限定されてしまいますね。
とりあえず9つくらい選択肢をあげてみて、自由度がないものから完全に自由なものまで、順を追って私なりの見解を書いてみます。東京都内、特に23区内に買う場合に絞って書いているため、「そこは違う」という点も多々あるかも。

まあ、土地購入に行き着いた一個人の独断に満ちた評価ということで・・・。

<★☆☆☆☆ 自由度ゼロ>
1.建売一戸建て
 東京23区・都下の場合には「パワービルダー」と呼ばれる土地密着型の住宅会社が土地を一気に仕入れ、大量に仕入れた建材・設備で一気に建ててしまうことが多い。売出し前の若干広めの土地は駐車場かなんかで資産運用してる間に目をつけられて、素人に情報が回る前に即金で買われて3~4分割。半地下駐車場・3階建ての規格住宅が立ち並ぶことに。

2.分譲マンション(青田買い/キャンセル狙い)
 2005年頃からREITのせいで事業投資価値があるとされる土地の値段が跳ね上がったため、分譲マンション相場もそれにつられて急騰。内外装のグレードも土地にあわせて高くなったようで、大手の新築マンション坪単価は信じられないくらい高かった。他方、品川の定期借地権マンションはその価格からか大反響。数少ないお値打ち物件に庶民が殺到する構図は当分変わりそうにない。

<★★☆☆☆ 自由度は期待できない>
3.建築条件つき土地
 「建築条件」とは販売側の指定業者と通常3ヶ月以内に建築契約を締結すること。建売一戸建ては建築確認を受けないと広告できないという縛りがあるため、土地を仕入れた段階で「建築条件つき」として販売している。一見自由設計ができそうだが、実は図面と建物価格が決まっていて、実質的に1の建売と同じスペック。(でないと、3ヶ月で設計を終わらせて契約なんかできない。)

4.セレクトプランの分譲マンション(原則として青田買い)
 売り手が供給を絞るとはいえ需要も冷え切っている。早期段階で契約する場合に内装の選択・変更ができるマンションもある。ただ、ロケーションそのものに魅力がある物件であれば、わざわざそんなことをしなくても買い手が集まってくるはず。セレクトプラン有り=物件の魅力無しというケースもあることに注意。

<★★★☆☆ ある程度自由>
5.土地購入&フランチャイズ系ローコスト住宅
 3.の建築条件付きの売主との交渉次第では、価格を数パーセント上乗せすることで建築条件を外すことも可能。最近は資金繰りの関係からパワービルダー自身が手放す土地も散見されるから、建築条件が外せなくとも自由設計を呑ませることができるかもしれない。さほど建材・設備にこだわりがなく、間取りだけ変更したいのであればローコスト住宅も選択肢に上がるだろう。

6.土地購入&ハウスメーカー
 運よく土地を購入できたら、一番オーソドックスなのは大手ハウスメーカー(プレハブメーカー)だろう。ただ都心の狭小土地(30坪未満)に対応したプランの場合には期待するような間取りが実現できないかもしれない。私は土地探しの最初からこの選択肢は除外したので、モデルハウスにはまったく足を運んでいない。

<★★★★☆ 自由設計>
7.中古住宅購入&リノベーション
 住みたい街が決まっていてどうしても土地が見つからない場合には、中古住宅(戸建・マンション)を購入して再生する方法も。事務所兼用住宅やRCビルをスタイリッシュに再生して自分の好みの空間に仕上られたら、周囲からは羨望のまなざしがそそがれるに違いない。ただし、築20年超の古い物件は耐震性の面で不安があることも確か。リノベーションを多数手がけるプロの助けは必須だろう。

8.コーポラティブハウス
 自分が住みたい街は、きっと、みんなも住みたい。となれば、皆が集まって協同でマンション建設組合を作ろう、というのがコーポラ。20世帯以下の小規模マンションを企画し、土地仕入から全体設計、建設会社の選定、各戸の設計と施工までを1年半~2年かけて自分達で決めていくが、最近はコーディネーター会社を介して進行させていくことが多い。ただ、地価高騰・建材高騰の余波もあり、手間が分譲マンションの倍以上かかるコーポラに対してコーディネーターも建設会社も薄利で頑張っているのが現実。

<★★★★★ すべて自由>
9.土地購入&工務店・設計事務所
 最終的にウチが選択したのがこれ。土地探しに1年。企画・設計・施工に1年。土地先行ローンなど資金繰りの段取りが大変です。

結局戸建が自由設計で建てられればそれが一番ベスト。建築条件を外した土地さえ見つかればこちらのもの、なんですが、その土地を手に入れるまでには魔物がたくさん居るんですよねぇ・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ [ブログランキングへ]
| コメント&トラックバック (0) | Parmanent link /House/1223178534.html |

Sep 23, 2008


[House] 家探しのキッカケ 01:23

#うーん、文章がまとまらない!やはり間が空くとブログ更新って厳しいですね・・・。

さて、家を探そうというキッカケはいろいろとあると思うのですが、大概は結婚、出産、異動かなぁ、と。

Amazon.co.jp: 本: 自分たちでマンションを建ててみた。で、うちの場合もその例にもれず、一番最初は結婚後の2002年

「自分たちでマンションを建ててみた。」をきっかけにしてコーポラティブハウスの存在を知った頃でしょうか。フリーライターの大平一枝さんが都市デザインシステム※のコーディネートのもと建設した下北沢のマンションに入居するまでを綴った本を読んで、その気になったのがキッカケだったかと思います。

※この都市デザインシステムは8月に民事再生手続に入りましたが、この話は別途・・・。

この頃、コーポラティブハウスの入居に向け複数の会社を巡りましたが、東京では貯金が最低1000万円必要というあたりまえの現実が厳しく突き刺さります。各社とも一応「お客様」として扱っていただけていますが、結婚式で貯金が激減した身からしてどう見てもアウトです。本当にありがとうござ(ry

で、気をとりなおし年120万~150万ペースで貯金を続けつつ、会社に振り回された末に今に至ります。

2003年秋:英国通信MBA取得&将来の海外出向の権利を得たため、家探しを中断
 ↓
2004年秋:このブログを開始。別部署に異動&MBA履修で完全に家探しどころではなくなる。
 ↓
2006年春:外資系だった会社が買収され、MBA&海外出向話は白紙に。当然家探しどころではない。
 ↓
2006年秋:ブランド変更&長男誕生家探し機運高まる
 ↓
2007年春:子育ても安定してきたので家探し再開

再開後は2008年春まで約1年間の家探し。途中過程で集めた土地・戸建・マンション(コーポラ)・設計事務所の資料は膨大になります。上の写真はその一部ですが、これでも結構ばっさばっさと切り捨てていて、今となっては2002年当初の資料は数少ないです。

でも、2002年当時一番気の合ったゼロワンオフィスさんに(6年越しで)設計監理をお願いすることになったのですから、当初のコーポラティブハウス検討時代もまったく意味が無かったわけではなさそうです。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ [ブログランキングへ]
| コメント&トラックバック (0) | Parmanent link /House/1222094822.html |

Sep 07, 2008


[House] 家づくり、はじめます。 23:05

昨晩Sparkyさんからツッコミが入りましたが、今自宅(戸建)建築に向けた最終準備段階にいます。
いろいろ考えた末、これを機にブログを再始動しようと思います。

実は、当初ブログ実況には否定的でした。住宅建築を記録するブログは山崎潤一郎さんの「家をたてよう」などすでにたくさん存在していて、(それぞれ私個人としては読んでて楽しかったのですが)マンション派、賃貸派など関係ない人たちにはなかなか面倒くさい内容のように思ってました。それもあって正直、私の自宅の実況をリアルタイムでだらだらと書きつらねるのもどうかなぁ・・・と。

そもそも、金借りて土地買うことが最大の資産リスクとか言われるこの世の中、土地買って建材選んで「普請道楽」なんて、ねぇ。フツーは建売やマンションで充分に暮らせます。ちょっとこだわるヒトはコーポラティブハウスや中古のリフォームも選択できます。そんな中、なんで一生懸命自宅建築を記録してネットに晒すんだろう?

でも、Mixi繋がりの友人いわく「家作りとなるとガジェットの極みですよ!」と。
そっか、ガジェットと考えればいい。ギーク的視点で「ガジェットとしての家づくり」を見つめてみよう。iPhoneみたいなお気に入りのガジェットをブログに書くみたいに気楽に行こう。

今準備を進めているのはこんなプロジェクト。

 ・東急世田谷線沿線(世田谷区)で、
 ・建売ではなく土地購入からはじめて、
 ・駅10分くらいで。
 ・駐車場スペースも確保して、
 ・メーカーではない設計事務所の設計で、
 ・土地+建物で年収倍率7倍以内で、
 ・構造計算をきちんとした木造住宅。

この無謀といえば無謀ともいえるプロジェクトに至るまでには、某IT系に買収されて外資系勤務でなくなった2年半前から紆余曲折を辿ってきました。まさしく横道(sideway)にそれ裏道(byway)に回りというカンジだった当時の記録をまとめながら、当分は非リアルタイムで記述していきます。

これから住宅を考えるギークな30代の皆さんの参考になるといいなぁ。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ [ブログランキングへ]
| コメント&トラックバック (0) | Parmanent link /House/1220795598.html |

Sep 06, 2008


[House] 2年ぶりに復活します。 23:21

ご無沙汰しています。
某IT系携帯電話会社に看板が変わってから2年半近く経過しました。

・まだ、禁煙は続いています。吸わなかったタバコは12280本。
・で、長男が2006年秋に生まれました。(禁煙した理由はそこにもありました・・)
・2006年10月のMNP以降、草刈場になるといわれていた下馬評に反して会社は好調。
・レバレッジドバイアウトで借入したお金の返済も順調。
・世界一有名なネズミの会社とも仕事をすることになり、
・ついにiPhoneの販売権まで獲得。社長は買収当初よりそれをイメージしてたらしい。



ブログを書く暇がないくらい、いろいろとあったけど、これも白戸家のお父さんのおかげかと・・・。

で、なぜブログを再開するかって?それは明日にでも、ゆっくりお話していきます。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ [ブログランキングへ]
| コメント&トラックバック (6) | Parmanent link /House/1220710004.html |