? byway, sideway
About
CISSPʾ󥷥ƥॻƥץեåʥǧˤĤ⺣˿òҤǴäƤޤ
LINKS
Hot Words

BOOKLOG

Recent Comments
Recent Trackbacks

Advertisements

Dec 24, 2004


[Goods] MOLESKINEのノートブック 23:42
昨日の続き。

ロディアはよく周囲でも見かけ「ああ、これこれ」と意識的に選んだのですが、モールスキンのノートはたまたま昨日伊東屋で見かけ、「なんとなく」と直感的にセレクトした一品。私は特にこだわって選んだわけではないけれど、どうもBlog界隈では文房具にこだわる方たちが文具店を探して購入してる様です。たとえばこんな感じこんな感じ

一見何の変哲もないクラシカルなスタイルのノートにこだわりがあるのは、あのゴッホが名画ひまわりのデッサンを書いた「伝説のノートブック」だからに違いありません。

同封されていたMode & Mode社のしおりにはこんなことが書いてあります。(勝手に翻訳)
Moleskineが欧州のアーティストや知識人における伝説のノートブックとなってから二世紀になる。ヴァン・ゴッホからヘンリー・マティスまで、そして歴史的なアヴァンギャルド運動からアーネスト・ヘミングウェイまで。多くのスケッチ、ノート、アイデアや感情がこの信頼に耐えうるポケット大の旅のお供に書き留められ、匿われ、そして有名な絵や小説のページとして姿を変えていった。

この永きにわたる伝統は紀行作家ブルース・チャットウィンに受け継がれる。彼はパリにあるRue de l'Ancienne Comedieにある文房具店でいつもmoleskineを買っていた。そこは彼が旅行に旅立つ前に必ず立ち寄り、そして買いだめをする場所。数年を経るうち、彼はお決まりの「儀式」を行うようになる。彼はそのノートを使う前に、ページに番号を振り、内側に名前と世界中で連絡の取れる二ヶ所の住所を必ず記した。そして、万一ノートを失くしてしまったときに発見者が送り返すよう、謝礼を約束するメッセージがそこには添えられていた。 (後略)

パリの芸術家や作家たちが愛用していたこの手帳、もともとはフランス国内の手工業者達がその文房具屋向けに生産していたもののようだ。しかしトゥールにある最後の生産者が1986年に廃業したことで、いったん姿を消したらしい。それが1998年にイタリアの今の会社が「伝説のノートブック」として復刻させたという。最近では、「アメリ」の主人公Amelie Poulainが使っていたとか、ISBNがついていて(書籍の商流を使って)UK経由で日本のAMAZONでも買える※2005年1月9日追記:AMAZON通販についてエントリをポスト。リンク先をそちらに変更。とか、なにかとウンチクに事欠かない、ある意味「そつない」ノートなんですね、これって。
ま、私は芸術家肌ではないけど、そんな話を聞くと手書きノートも楽しくなるというものです。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ [ブログランキングへ]
| コメント&トラックバック (2) | Parmanent link /Goods/1103897230.html |

Dec 23, 2004


[Goods] 伊東屋で買い物 20:25
ここに書くのは1週間ぶりです。
同僚&上司の外国人たちはクリスマス休暇で帰ってしまうので、先週から来週まではいわば年末進行状態といったところ。さらに新機種発売も相まって、めちゃくちゃ忙しい。机にはノートもメモもコピーも散乱してるし、年内に消化すべき仕事は増える一方で、さらにMBAの論文もあと1ヶ月強に迫ってます。うーん、なんだか惨憺たる有様です。

私の場合、散乱するノートやメモの元=会社やライブラリに居て書きなぐっている内容は大きく4つに分かれている気がします。これをA4やA5のノートやレポート用紙、ポストイットなどに適時書きこんで、最終的には会社や自宅のパソコンで処理しているわけです。ちなみにスケジュールは会社のOutlookに集約していて、携帯でPDAチックに確認できたりしてるので、海外出張時以外は紙の手帳は使っていません。
  1. ミーティング、打合せ、会合、セミナー、出張などの記録
  2. 電話、立ち話、メールで飛び込んでくる仕事上のメモやアイデア
  3. MBAのワークショップ、テキストの要旨をまとめたサブノート
  4. MBAの論文資料用メモ、雑誌や論文の要旨、リファレンスなど
そんな今年、一番活躍したのはあるセミナーでもらったA5型のリング綴じノート。左に2穴パンチが開いてて、ミシン目があるので適時切り離してファイリングできます。見開くとA4横、折りたたむとA5縦。立っていても、机の上でも、(欧州でよくある)椅子付属の小さな机でもぜんぜん大丈夫。MBAのPart1 Exam持込用のサブノートなんかはこのA5ノートにまとめた後、切り離してホチキス止めし、電車で読んだりもしていました。

さて、来年はもう少し効率的にやらないと、、、ということで、今日は六本木ライブラリの前に銀座の伊東屋へ。今年重宝したA5系を中心にまとめようと、物色した結果こんな具合にしてみました。
  • ミーティングノート:モールスキンの方眼=スクエアノート(ラージ)
    A5より少しスリム。表紙はその名前の由来となった服飾用の撥水性生地素材で、結構しっかりしています。裏見返しにポケットがあり、日記帳のようにゴムバンドがあるから資料を貼り付けたり挟んだり。そのままかばんに放り込んでも大丈夫。とてもクラシカルなスタイルのノートブックです。写真右上。


  • MBAノート:欧州製のリングノート(A5)
    ヘビーデューティーな感じの厚紙の表紙。ちょっとした移動可能な仕切りが4枚あり、3科目+試験対策の4セットで1冊って感じで使える。今年と同様パンチ穴があって切り離せ、仕切りにはちょっとしたものを入れるポケットもある。ちと安っぽいが勉強用にはこれで十分。写真左。


  • 雑多なメモ: ロディアの方眼=ブロック・メモの11番(A7)
    欧州のオフィスではよく見かけるポール・スミス氏もお気に入りのロディア。この11番サイズは手にもってどこにでも歩けるサイズで、値段も手ごろ。ToDo、アイデア、ちょっとした立ち話やミーティングに関係なく、どんどん書いて切り離していけそうです。写真右下。
で、物色してちょっとは気が晴れたところで、ロディアにはスリップオン社の皮カバーとONLINEの小さな万年筆をおごってみた。しめて1万円弱也。さて、これで効率があがるかどうか。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ [ブログランキングへ]
| コメント&トラックバック (0) | Parmanent link /Goods/1103799562.html |