? byway, sideway
About
CISSPʾ󥷥ƥॻƥץեåʥǧˤĤ⺣˿òҤǴäƤޤ
LINKS
Hot Words

BOOKLOG

Recent Comments
Recent Trackbacks

Advertisements

Jan 12, 2009


[Security] 電子申告・電子申請の準備をやってみた 21:58
ひさびさの[Security]カテゴリへのポストも、Houseネタ。

昨年12月上旬に世田谷区役所に立ち寄ったついでに、住民基本台帳カード(ICカード)を取得、公的個人認証(JPKI)の電子証明書をその中に設定してきました。PKIとはPublic Key Infrastracture(公開鍵暗号方式を利用したセキュリティインフラ)のこと。

JPKIの電子証明書とはオンラインで使う印鑑証明書のようなもので、住基ICカード上にある鍵ペア(秘密鍵&公開鍵の対)と住民基本台帳情報を紐付けた1種の電子データです。インターネット上で役所が申請者の本人確認を行う時に使われ、同時にその申請内容が正しく生成されているか(改ざんされていないか)を役所側が検知できるようになっています。.

世田谷区 電子証明書(公的個人認証用)の受付

●公的個人認証サービスとは、インターネットを使った電子申請・届け出に際して必要な本人確認を、予め電子的なシステムによって行う制度です。
●公的個人認証サービスの利用により、国税の申告など行政機関への申請・届け出を自宅などからインターネットを使ってできるようになります。詳しいことは公的個人認証ポータルサイト(http://www.jpki.go.jp/)をご覧ください。
公的個人認証用の電子証明書の手続きをするためには、住民基本台帳カードが必要です。

・世田谷区の場合は、住基カード1000円、電子証明書500円。作業そのものは30分程度。
・区民係に設置の専用端末から、住基カードに暗証番号数字4桁、電子証明書用のパスワードを設定。
・世田谷区の場合、カードリーダーは接触型・非接触型のいずれでも可。
・3年間有効。引越後は証明書の再発行を受ける必要がある。区内であっても移転届を出した瞬間に証明書は失効する。(ICカードそのものは世田谷区内に居る限り10年間有効)

うちの場合は、投信や株式で出してしまった損失を繰越控除するため、確定申告をするつもりでしたが、写真のようなカードと対応カードリーダーを使うことで国税庁のe-taxから電子申告ができ、平成20年分だと5000円分の税額控除が受けられます。

SHARPの新製品RW-5100なら家電量販店でも2480円くらい。カードリーダーとカードと電子証明書と交通費で合計5000円がそのまま戻ってくる計算になります。

 行政手続のオンライン利用の促進等
 国税電子申告・納税システム(e-Tax)
 タックスアンサー No.1474 上場株式等に係る譲渡損失の繰越控除

SHARP 公的個人認証サービス対応住民基本台帳用 ICカードリーダライタ ホワイト系 RW-5100SHARP RW-5100
公的個人認証サービス対応住民基本台帳用 ICカードリーダライタ ホワイト系
シャープ 価格:¥2,280
Amazon.co.jpで詳細を見る

ついでに、同じ環境から別ソフトを用いて法務省システム経由で不動産登記の電子申請もできることになるため、土地名義の住所変更申請はもちろん、建物表示登記の申請や補正もうまくいけばセルフでいけるかも、と考えています。
 不動産登記の電子申請について

とりあえずこの3連休で、ICカードリーダーのセットアップとJPKI基本ソフトウェアのインストール。X.509電子証明書のsubjectAltNameにUTF-8で日本語の住民基本台帳の4情報(氏名、性別、生年月日、住所)がぶちこまれていて、オンラインでその有効性が確認できるっぽいことだけはわかった。



さて、複雑怪奇なのはここから先。各申請や申告にあわせた環境を整備していく必要があります。

・E-taxサイトを見る限りは、一般個人は「確定申告書等作成コーナー」(Web上)でActiveXで電子署名をつけて送信できるようになったようで、e-Tax専用ソフトのインストールは不要そう。また添付書類等は3年間保存さえしておけば、オンライン上での送信は不要みたい。
・法務省のほうは専用ソフトで申請書を一から作成する必要あり。添付するPDFにも電子署名プラグインを用意するなど、相当ハードルが高そう。添付書類を郵送するオプションもあるようだけど、その場合は場合でいろいろと面倒くさそう。

これでもわかりやすく書いたつもりだけど、、、、難しいなぁ。
国税の電子申告、電子登記申請それぞれについては、今後やってみて詳細をアップデートしていきます。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ [ブログランキングへ]
| コメント&トラックバック (1) | Parmanent link /Security/1231757014.html |

Jan 11, 2009


[House] 施主の仕事って 23:48

さて、リアルタイムベースまで作業が進行してきましたが、引渡し~入居の間まではペースを落とし、ブログでの現場実況はせず、若干の間を置いてまとめ記載を行う予定です。ここ8ヶ月の施主としてした仕事を思い出してみます。

 ・設計請負契約を締結する
 ・基本/実施設計図面を承認する
 ・設計に必要な資金を手配する
 ・充分な資金を用意できないことを謝る

 ・建築請負契約を締結する
 ・請負に必要な資金を手配する
 ・充分な資金を用意できないことを謝る

 ・建築確認を申請する
 ・近隣に挨拶する
 ・地鎮祭、上棟式を執り行う(または省略する)
 ・ご祝儀を充分にお渡しできないことを(ry

 ・工事中の現場挨拶、チェック
 ・近隣と世間話
 ・現場に差し入れ(缶のお茶・缶コーヒーをダンボールで)
 ・毎日差し入れを用意できないことを(ry

 ・実施変更を承認する
 ・実施変更に伴う資金を手配する
 ・充分な資金を(ry

契約して、承認して、お金を用意するという繰り返しのように見えます..。節目でハンコを押したら、あとは指をくわえて、金用意して待ってるだけ、と私は当初考えていましたが、実はそうじゃなかったような。資金が無くても棟梁をはじめとする皆が楽しく気持ちよく仕事ができるよう配慮するのが私の仕事だったような気がするし、これからもそうなるのかなというのが今の実感です。そこで気になったのが下記。

施主ブログ心得|THE 中島邸 ~分離発注で挑む建築日記~

私の愛読施主ブログのひとつが、自粛という事態になりました。
施主の奥様のブログですが、ご家族の様々なしがらみや、依頼先とのやり取りから、なかなかご苦労されている様子が伝わるものでした。
が、記事の内容で依頼先へ多数クレームがあったとの事で、自粛、という事態となりました。

上記のこたちゃんさんのエントリで書かれている5つの心得に100%同意します。(1)依頼先の承諾を得る、(2)ミスは修正する、(3)発信情報は消せないと思え、(4)ブログは日記帳やメモ帳ではない、(5)読み返せ。

家作りは複雑です。うまくいかないことも多々あります。設計図面や仕様書だけでは、施主の意図がうまく伝わらなくて当然というくらいの気持ちでいたほうがよいのではないでしょうか。工務店や設計事務所だけではなく、現場で苦労されている方たち、間で苦労されている方たち、近隣や役所や銀行を含め、プロジェクトに関連する多くの当事者(ステークホルダー)と直接・間接にコミュニケーションをとるのが施主の本質かもしれません。

私も万が一のトラブルも考え、このブログでは近隣と工務店が特定できないように配慮しています。
工務店もうちの経過をホームページで公開していますが、私が特定できないよう配慮いただいています。

本ブログではゼロワンオフィスの名前を実施設計完了後の9月23日に、SE構法のNCNの名前を構造設計、プレカット、上棟後の12月17日に初出しています。工務店の名前は施主検査完了後、問題ないことを確認してから出すつもりです。

これからは現場が大詰め。納期ぎりぎりの現場では当然ながらいろいろなことが起こるもの。人の不幸は蜜の味という話もあるけど、目の前のトラブルに対する自分の考えをブログにさらす時間があるくらいなら、その時間を使って周囲の意見を聞き、励まし、慰労し、怒り、謝り、感謝し、悲しみ、喜び、悩み、、、という施主としての「本業」に割くべきと肝に銘じ、あと1ヶ月と10日、腹を据えていきたいと考えています。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ [ブログランキングへ]
| コメント&トラックバック (5) | Parmanent link /House/1231677901.html |

Jan 05, 2009


[House] 内覧会前ブルー 02:50

ウチに先行してゼロワンオフィス戸田さんが手がけていた2つの戸建プロジェクトがめでたく12月末に引渡しを迎えました。で、12月20日、21日に内覧会が行われたので参加してきました。どちらも変形土地ながら、ランドマークとなりそうな印象的な建物ですばらしい出来です。

片方は鉄骨造3階建て。ピクチャーウインドウから外の植栽への視線の抜けもさることながら、部屋ごとにこだわりの内装とそこに光を落とすハイサイドライトが印象的です。もう片方は木造2階建て。遠くから見てもそれとわかる大きな2層吹き抜けと、統一感のあるセンスあふれる内装、こだわりのバスタブが素敵です。

普通は「素敵だねぇ」「うちもこうしたいねぇ」で終わるところですが、プロジェクト進行中の身としてはいろいろと比較して見てしまいます。これも人の性。「隣の芝生は・・・」で自分自身納得できればよいものの、どう見てもかけているコストが違うなぁ・・・と感じることしきり...。

床面積も違うので単純に比較はできませんが、内装のグレードはぜんぜん良いし、バスやキッチンの設備も立派。収納もしっかり確保。どちらも駐車場を除く延床面積ベースでは30坪~35坪と全体的に余裕が感じられます。

他方、駐車場を除いた延床が24坪を割ってるウチの場合、東と南のバルコニーの外側にさらに外壁があるダブルスキン構成のため壁面コストが高く、その分、内装も設備もコストをかけられませんでした。
(写真参照、そいえば模型写真はこのブログでは初かと。)

その結果、収納もDENも住みながら整備していく予定だし、バスもユニットの1218。トイレも壁が張られた先日時点では幅が狭く圧迫感を感じます・・・。

まあボリュームの関係から設計当初よりあえて取捨選択して割り切った結果ではありますが、もし同じような内覧会をウチで開いたら、あまりに参考にならないのではないかとちょっとブルーに。これがコーポラティブハウスなら、同じ日に複数の部屋の内装や設備を見比べられてしまうわけで、もっとブルーになっていたかもしれません。

まぁ、別に内覧会をするために家を建てるわけではないし、注文建築の場合は他人と比較したり、他人に参考にしていただくこと自体無意味という考え方もあるわけですが。でも戸田さん、カミデさんと10月に飲んだときに約束してしまったしなぁ。どうしようかなぁ・・・。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ [ブログランキングへ]
| コメント&トラックバック (3) | Parmanent link /House/1231085558.html |

Jan 02, 2009


[Misc] ブクログ&ブログ村 23:44

あけましておめでとうございます。
昨年末から、あらたにウェブ本棚サービスのブクログと、ブログランキングのにほんブログ村に登録しました。

ブクログ -ウェブ本棚サービス-

最新のテクノロジー(JavaScript)を駆使した画期的なインターフェースを装備。あなただけのヴァーチャル本棚が完成いたしました。アマゾンとの連携により書籍・CDを登録、あなたの所有欲を満たします。

とりあえず、家作りの参考に読破した本を60冊ほど登録してみました。
これで引越し前に安心して本を処分できます、、、ってちがうか?

私の本棚には右のブログパーツから飛ぶことができます。

ブログ村を一言で言いますと

● アクセス増えるブログ村、つながり持てるブログ村

にほんブログ村は、既にブログをお持ちの方がご自分のブログへのアクセス数を増やしたり、仲間と交流をするために登録する無料のブログポータルサイトです。トラフィック(アクセス数)とコミュニケーション(交流)がにほんブログ村の二大特長になります。

カテゴリは「狭小住宅」「30代サラリーマン」でエントリー。

建築面積52平米・15.9坪は「狭小住宅」の定義に照らし合わせると微妙ですが、北側斜線(第1種高度地区)や、世田谷区が第1種・第2種低層住居専用地域に定めている敷地最低面積を考えると、下限に近い建物であることは確かなので、一応狭小住宅のはしくれに加えさせていただけると・・・。

今年もよろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ [ブログランキングへ]
| コメント&トラックバック (2) | Parmanent link /Misc/1230905004.html |

Dec 31, 2008


[House] 木工事2(~12/29) 06:18

なんかこの時期、収まり・取り合いを巡って設計事務所と工務店でのコミュニケーションの問題があり、どうも現場が数日止まっていたらしい。

年末に現場に行ってみたら、棟梁には相当頑張っていただいたようで一気にリカバリした様子。工務店・設計事務所ともに私に対してはそういったそぶりは一切見せないものの、それぞれ自分達のやり方にこだわりがあるため、そうとうやりあったのではないかと思われる。

お互い初めての組合せゆえ、ある程度のバトルは必要と思うものの、施主としては「現場に迷惑をかけちゃいけない」と諭さねばいけない場面かと思われ。飲み会のセットを画策したものの、私を含め皆、多忙でお流れになりました・・・。orz

<12月1日~13日>
 
・壁・天井
 耐力壁以外の壁、天井の下地が出来上がりました。
 2階天井にはスタイロフォームが張られ、壁には断熱材も入り始めました。
・屋根
 コロニアル屋根が葺きあがりました(写真撮影できたのはこの頃ですが、もう少し早かったかも)。
・床暖房パネル設置
 2階はTES床暖房を導入。床のフローリングを張る前にパイプを設置しました。

<12月15日~29日>
 
・外壁(モルタル)
 防水のためアスファルトフェルト(写真右下)を張り、ラス網のうえに、モルタルを塗り重ねます。
 今まで木が直接見えていた外壁の印象が変わり、ぐっと家らしくなりました。
・水切り金物設置
 同様に印象を変えるのがガルバニウム鋼板の水切り金物。ほぼ既製品かと思いきや、手作業に近い。
 現場の方に聞くと、現地で計測→自社に戻り加工→現地調整→設置という流れだった様子。
・天井ボード張り、埋込エアコン設置
 エアコンも埋め込まれ、下地にボードが張られてやっと部屋らしくなっていきます。
・階段設置、フローリング張り
 いままでハシゴで2階に上っていたのが、ついに階段が設置。階段はタモ集成材。
 1階フローリングはチーク。2階はオールドオーク(床暖房対応)。すでに養生してあり一部しか見えません。

さてこのブログ、12月の17エントリでコンペ終了から今までの8ヶ月を一気に振り返ってきました。
関係者の皆様、この1年ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ [ブログランキングへ]
| コメント&トラックバック (1) | Parmanent link /House/1230667818.html |