? byway, sideway
About
CISSPʾ󥷥ƥॻƥץեåʥǧˤĤ⺣˿òҤǴäƤޤ
LINKS
Hot Words

BOOKLOG

Recent Comments
Recent Trackbacks

Advertisements

Sep 02, 2006


[Wiki] Dialog2レポート by BBCさん 23:00
先週金曜日のWikiでの出来事。

FrontPage - We love LAMY!! Wiki

・ライプチヒからです。dialog 2を入手したのですがレポートいかがでしょう? -- BBC 2006-08-25 02:30:55 (金)
・ 追記:HP等を持っていないので、どなたかのところにレポートお送りします。 -- BBC 2006-08-25 02:32:59 (金)
・ 取り上げていただけるという方がおられたらコメントいただけますでしょうか? -- BBC 2006-08-25 14:06:45 (金)
・ 管理人です。よろしければ、私のブログでご紹介しますが、、下からメール下さい。 -- kiku 2006-08-26 00:29:03 (土)


ということで、ライブチヒ出張からお戻りのBBCさんからdialog 2のレポートメールと写真が届きました。
以下、ご紹介しますね。



出張でドイツ、ライプチヒに出かけた際に「dialog 2」を購入いたしました。
Wikiにまだエントリーが無いようでしたので、管理人様のご好意でレポートをお送りさせていただきました。正直一番乗りは嬉しいのですが、プレッシャーが・・・

仕事のセッティングが終わり、市街をふらついて何気に路地の奥にスルスルと・・・
そこで「dialog 1」を見つけました。まったく縁の物だなぁと一人納得しながらしげしげ眺めていると、「こないだ来たばかりだけど、こんなんあるよ」と差し出されたのが、なんと「dialog 2」でした!

「おお!これください!」
「じゃあこっちにするのね」
「いや、両方!」
「はあ?君は両手で字を書くのか?」
と笑われました。いいじゃん好きなんだもの。

では、「dialog 2」の簡単なレポートを。
まず、「dialog 1」との外箱比較。とはいえロゴに至るまでおんなじです。
開封後、リフィルが未開封ででいれられています。
驚いたのはM16だと思っていたリフィルが、M66だった事。
同梱のインストを見ても、しっかりとM66と記載されております。
お店のミスではないようです。先入観はダメ、店員さん疑ってごめんなさい。

ケースの外観も「dialog 1」とほぼ同じ。この辺はシリーズ共通になるんでしょうかね。

ケースはロゴも材質も同じなのですが、ペンの形状からかdialog 1のケースの方が若干厚みがあります。

ご開帳。中のデザインも同じ、ペンの形状に合わせて上蓋の窪みが異なりますが、下側は同じです。
下側にはしっかりと「dialog 2」と印字されています。その下には「Desing: Knud Holscher」と印字。
これもdialog 1と同じ仕様です。

ペン本体。「dialog 1」に比べると随分と重量があり、重量バランスは後ろ気味です。
質感はパラジュウムコートに近いでしょうか?サラサラシットリで非常に高級感があります。

リフィルはこの部分を緩めて交換。先端内側にはスプリングが仕込まれています。

本体側の回転軸部分の一部とクリップ先端に小さな突起があって、リフィルの出る位置を示しています。
回転軸部分には黒い樹脂パーツが見えます。内部は意外と多くの樹脂パーツを使っているようです。
回転時の感触は金属の擦れる感じはなく、音もなくクンッと回ります。
クリック感もあり良い感じです。

最大の特徴であるクリップ部。
回転させてリフィルを繰り出すと・・・

クリップが完全にデザインに溶け込むように引っ込みます。持つ方向を制限しない「swift」に通ずるデザインですね。クリップのギミックといい、衣服に染みやすいローラーボールに対するLAMYのこだわりを感じます。
クリップにはLAMYのロゴ。本体周囲に全部で4つある凹凸のうち、クリップ以外はロゴがありません。
クリップは上から押すとフニフニとへこむのでスプリングの用な物でせり上がっているようです。


クリップの状態をお尻側から比較。この角度が一番クリップの隙間が判りやすい角度です。
通常は機構を知らないとクリップがあるとは思えません。工作精度は高いです。

全体で見れば、スタンダードなLAMYとはちょっと違うデザインラインです。
それこそがdialogシリーズという事でしょうか。高級感もあり精巧なギミックも素晴らしいです。
ただし、お尻の重さは好き嫌いが分かれるかも知れません。
低重心(ペン先の重い)の筆記具を好まれる方は、店頭で確認される事をお勧めします。

最後に同じM66リフィルの「swift」との比較です。サイズは「dialog 2」の方が大きく重いです。
個人的には「swift」とは違って、クルクルとお尻を振ってペンを走らせるのが心地良いです。
重みのある本体もM66リフィルと相性が良く、早い筆記にもしっかりと追従してくれます。
好みがあるとはいえ、こういう設計もコレはコレで楽しいペンではないかと思っております。


以上、簡単ではありますが、dialog 2 レポートでした。

余談ですが、ライプチヒには仕事に来ているにも関わらず、隙間の時間に探索し文房具屋をあさって参りました。今回の目当ては生産終了?の噂のある「dialog 1」でしたが、ショッピングゾーンである中央駅構内(ショッピングモールになっています)で発見できた3本。

その後、教会巡りの際にデパートで追加購入
手の届きやすい価格帯だったのでつい・・・



BBCさん、ありがとうございました。LM66だったのですね。あ”、、、、!!私もドイツに出張したい!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ [ブログランキングへ]
| コメント&トラックバック (10) | Parmanent link /Wiki/1157196645.html |

Mar 12, 2006


[Goods] オン万年筆とオフ万年筆 21:12
LAMY界隈では孔雀ディスプレイが流行のようですが、、、私はいたってノーマルなので(←どこが?)、サファリ1本追加の報告エントリです。

最初はアルスターの新色追加をきっかけに、伊東屋店頭で「この色ならいいねぇ」とシルバーブルーを購入した私も(色でスノーボードを選ぶミーハーちゃんと同じ感覚やん)、遅い歩みながら順当に数を増やしております。

・最初のサファリオレンジは赤ペン用Mニブ
 (オーストリアに残存のキャンペーン種)
・次のサファリホワイトはプレゼント用
 (上野に棲息、希少種)

ということで、実は手持ちで常時稼動させているサファリはなかったんですが、先日お茶を飲みにいった千駄ヶ谷の某インテリアショップ本社でグレーを発見。横に妻がいたことなどお構いなく「グレー身柄確保、確保ぉぉっ!」と目を血走らせ、3,675円を握り締めておりました。

・サファリグレー(LAMY Safari Griso)
 画面中央 3675円(廃番) 梨地グレー クリップは黒 ペン先も黒(Fニブ)

ああ、場違いなヒト1人。ショップのお姉さまには「保証書と箱はないんですか?」と突っ込んで怯えさせ、妻には「好きなもの買って良いから」とショップを泳がせ、駐車場チケットもきっちりもらい。ああ、やっちまった。

やはり常時使うとなるとアルスターに比べて軽さが気になります。若干ですが。会社ではアルスター、週末はサファリと使い分けしていくことになりそうです。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ [ブログランキングへ]
| コメント&トラックバック (6) | Parmanent link /Goods/1142164004.html |

Feb 09, 2006


[Misc] 「エバンジェ」「分野のプロ」「ガイドのプロ」 22:57
イロブンのきだてさんが発端となった、この件

みなさん「私が勧めればドーンと売れる、文具界の"みのさん"目指してます」ってあたりに強く反応があるような。氏のストーリーを聞いて、昔、憧れていた会社の先輩(♀)のこんなエピソードを思い出しました。
社内でエリートと言われる旦那さんと結婚し、ある新規事業でバリバリと働いていた彼女。このまま幸せな日々が続くものと皆が思いました。しかしある日、彼女は病魔に侵され仕事を辞めることに。復帰後、彼女はフリーライターになりました。私がお祝いがてら夫妻の家を訪れたとき、机の上に目にしたものは地方の飲食店舗やホテル、旅館の大量の写真と資料でした。

彼女がプロのフリーライターとして最初に取り組んだ仕事とは、某出版社の旅行ガイドの原稿をアップすること。実際に行ったことも、見たことも、味も知らない数多くの店舗。想像してそこにさも行ったように文章をまとめ、お店に読者を集客できるように「文章を紡いでいく」姿を見て、私はちょっと複雑な心境になったものです。彼女は職業ライターの倫理として事実のみを書き、決してだます事は書きません。そこが文章力なんだなぁ、すごいなぁ、と。

ガイドブックの全てが上のような作りとは必ずしも思いませんが、万が一そんなガイドブックを信じてあるお店にいって「マズい」思いをして「このガイドブック、外れだな」と思いたくないものですよね。旅行者としてはどうあるべきなのでしょう?

同じ街に何度も通い、自分の舌でおいしいものを見つける人(これを「エバンジェ」としましょうか。)に頼る旅行者もいるでしょう。他方、ライター(これは「ガイドのプロ」。)が執筆したガイドブックのみを頼りに決める旅行者もいます。評論家(「分野のプロ」)の意見に心酔して、あるお店にいくためにわざわざ旅行先を決める人もいます。

氏は文具業界の「エバンジェ」になろうとしているんでしょうか?それとも記事どおり「ガイドのプロ」?実際「分野のプロ」としてのコンセンサスは彼に対してあるんでしょうか?

Pencil Case - Part 2 - ステイショナリー評論家

文具の評論をされている方は他にもおられるのに
「日本でただ一人の」が付くのを疑問に思っていました。

ライターとして彼自身ができること。それはブログでそのスタンスを明確にすることではないでしょうか。それはリスクのある行為かもしれません。ただ業界初の「評論家」を語り、リスクの低い立場で製品を紹介し続け、飯の種にしているとすれば、それはずるいかも、という気がします。こちとら自腹な「一文具ファン」な訳で、他の「エバンジェ」の方々の真剣勝負魂から見るとなんだかなぁ、というのが個人的感想。

ええと、、旅行の話に戻りましょうか。私ですか?地元の友人やタクシー運転手の口コミに頼る旅行者です。あまり客引きをあてにするとボッタクリバーに連れて行きそうだし、、、、高級なところで女の子と話すのもリスキーだし、ジンギスカンは匂うし、やっぱラーメンが一番かと、、、って何の話だっけ?
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ [ブログランキングへ]
| コメント&トラックバック (4) | Parmanent link /Misc/1139493037.html |

Jan 24, 2006


[Wiki] Wiki小話/vol.5 参加 20:37
昨日夜19:30。堀江氏「出待ち」の記者たちを横目にタクシーに乗り込んで、渋谷dotBARに向かいました。

Wiki小話/Vol.5 - Wikiプレゼン会

Wiki小話第五回は、参加者のみなさんによる最長5分のライトニングトーク大会です。
Wikiに関連することならなんでもOK!
自作Wikiツールの紹介、自分のWikiページの紹介、
Wikiと情報共有についての考察、
Wikiのここがダメ、
社内でのWikiの活用例、などなど。

持ち時間1人5分で、dotBAR神田さんも入れて26本のプレゼン会(欠席1名)。終わったのは23時過ぎ。なかなかバラエティに富んでいて面白かったです。私の発表内容はこちら

順番は7番目。あのtdiaryの作者、ただただしさんの次だっただけに、緊張しまくり。反省点ありあり。

1)自己紹介 簡単すぎた
2)5分短い もっとポイントを絞り込むべきだった
3)デモ 実は失敗してて<title></title>自動取得がされなかった

Wiki界有名どころの皆さんにとってはレベル低すぎだった(かも)。でもまちゅさんとは仕事上意外な繋がりがあったり、KNN神田さんがLAMY使いだったりと、いろいろな方にお会いできてよかったです。WIKIWIG環境構築話はとても参考になったけど、レンタルサーバ使いの身にとってはkwikiでCPANモジュールを扱うのは辛いんだよなぁ・・・。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ [ブログランキングへ]
| コメント&トラックバック (0) | Parmanent link /Wiki/1138099345.html |

Jan 23, 2006


[Goods] BLEU MYOSOTIS 19:27

モノオト  : エルバン トラディショナルインク 『忘れな草ブルー』

先日ご報告の通り、初のエルバン・インクを購入しました。まずは、BLEU MYOSOTIS『忘れな草ブルー』。(中略)とりあえず無印の丸軸にでも…と思ったものの、コレ、確かにAl-s○arシルバーブルーに入れてみた姿を連想。。。あ~、ここ二日ほど頭から離れないんだよ~!悶々(涙)

ということで、
U凪さんに触発されて、
買ってしまいました・・・・。

エルバン・インク 忘れな草ブルー
六本木ヒルズにて購入。
¥1050-の5%引。
(ヒルズ勤務者割引)

実は3ヶ月毎にインクを変える(→12/3のエントリ参照)つもりで、Dr.ヤンセンボトルインク カエサル(エボニーブラック色)を書斎館で購入しこっそり使っていたんですけど、これを機に切り替えることに決定。

いいです!まるでこのシルバーブルーのために生産されているようなインク。ん~。ブルータス、お前もか。(意味不明)

インクフローはDr.ヤンセンのそれよりは非常に良いのですが、若干インクが薄いかな、と相対的に感じました。まだ書き初めなのでなんともいえません。

いつも思うんですが、インクって1000円~1500円程度だから、気軽に切り替えてしまえるところが怖いですね。フローの相性の良し悪しもあるし、直接LAMYに関連しないとしてもインクネタは充実させていったほうがよいですよね。皆さん。

#今日のWiki小話vol.5でのデモのために、このポストをLAMYのWikiにエントリすることにします。
#ネタ合わせ用だって?いや、そんなことは・・・・。(汗)
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ [ブログランキングへ]
| コメント&トラックバック (6) | Parmanent link /Goods/1138011627.html |